レーザー加工機とは?

レーザー光を利用することにより切削や彫刻・切断・穴あけ・マーキング加工を目的として開発された工作機械である。

刃物など、接触する部位を使わないので一定の寿命があるレーザー発振器以外は接触部分の摩耗・劣化といった消耗部品の交換が不要であり、また接触せず加工するため加工時に加工材が応力・圧力による変形をせず、画像処理ソフトウェアと連動しデータをそのまま加工機に転送することで従来必要であった金型の作成工程そのものが不要となり、多品種の加工が可能となった。

立体的な形状の加工は困難で中密度繊維板(MDF)や板金等、二次元の形状の加工に適している。以前はYAGレーザやCO2レーザが主流だったが、ファイバーレーザーや高出力半導体レーザーの割合も増えつつある。 YAGレーザやCO2レーザのような不可視レーザーを使用する場合、加工中の作業者が不注意により失明する危険があるため、加工エリアと作業者の間に開閉ドアなどが装備されたレーザー加工機や、加工エリア内で異常発生した炎・熱を感知して、作業者に危険を知らせる火災センサーアラームが付属したレーザー加工機など、安全性の高いレーザー加工機が増加している。

金属加工に特化した大型レーザー加工機は精密なレーザー切断が可能だが、イニシャルコスト・ランニングコストともに比較的高価な機械であることから製造コストが高騰するおそれ、および用途によっては従来の金属加工の方法の方が安価な場合もあり、オペレータ等の人材も少ないことから導入が非常に高価になる場合がある。

金属加工はできないが幅広い素材に特化した小型・中型レーザー加工機は、内部混合ガスを封じ切りしたレーザー発振器を採用しているメーカーが多く、ランニングコストが良い。一部のメーカーではアタッチメント式レーザー発振器を採用しているため、専門の技師の応援を依頼しなくても、作業者が簡単に交換できるようなシステムを採用している。

Wikipedia引用




工場紹介

第1工場 第2工場
第3工場 第4工場
第5工場 第4工場

設備紹介

・レーザー加工機  切断能力 5x10 19t  1台 ・焼付塗装  3×2.2m×6m  1台
・シャーリング  6t×5×10  1台 ・油圧ベンダー  30t 80t  2台
油圧プレス  30t  1台 ・3本ローラ  3m、2m  2台
旋  盤  400φ - 1.8m  1台 ・バンドソー  H-250・H-650  2台
・メタルソ  400φ  2台 ・パイクール  60φ  1台
・枝型ボール盤  32φ  3台 ・アーク溶接機    2台
半自動溶接機    11台 ・アルゴン溶接機    9台
・エンジンウェルダー    4台 ・プラズマ    1台
・ポンチングカッター    1台 ・コンプレッサー    7台
・マグドリル    5台 ・工場内クレーン  6基
・MIG溶接機    1台 ・高速切断機    1台

技術者・技能者一覧

・1級管工事施工管理技士 ・2級管工事施工管理技士
・2級土木施工管理技士 ・消防設備士甲種第1類
・消防設備士乙種第3類 ・浄化槽設備士
・浄化槽管理士 ・溶接作業指導者 
・電気工事士 ・アーク溶接 ■A-2F ■A-2H ■A-2V ■N-2F ■C-2F
・半自動溶接 ■SA-2F ■SA-2H  ・ステンレス鋼溶接 ■TN-F ■TN-P
・ガス溶接士 ・玉掛け
・小型移動式クレーン ・フォークリフト 
・足場組立作業主任者 ・2級管工事施工管理技士
・足場組立作業主任者 ・高所作業車 (10m未満) 
・床上操作式クレーン ・有機溶剤
・職長・安全衛生責任者 ・鉄骨組立等作業主任者 
・フルハーネス

TOPへ戻る↑